石井法律事務所 -ISHII LAW OFFICE- ENGLISH
  • HOME
  • 事務所概要
  • 業務案内
  • 弁護士等紹介
  • TOPICS

トップページ > 弁護士等紹介 > 所属弁護士 岡田 理樹

石井法律事務所 -ISHII LAW OFFICE- ENGLISH

岡田理樹

経歴

1959年1月
京都生
1977年3月
東京都立西高等学校卒業
1986年3月
東京大学法学部卒業
1988年4月
司法修習終了(40期)、弁護士登録(第二東京弁護士会)  石井法律事務所入所
1994年6月
米国イリノイ大学ロースクール修士課程(LL.M.)修了
1994-1995年
ピルスベリー・マディソン・アンド・スートロ(現ピルスベリー・ウィンスロップ・ショウ・ピットマン)法律事務所(ロサンゼルス)
1999年8月
医療法人社団清新会理事(至現在)
2000年7月
公益財団法人介護労働安定センター評議員(至現在)
2004-2016年
株式会社インターネットイニシアティブ監査役
2007-2008年
第二東京弁護士会副会長
2008-2009年
日本弁護士連合会常務理事
第二東京弁護士会研修センター委員長
2009-2015年
行政書士ADRセンター東京 運営関与弁護士
2010-2012年
日本弁護士連合会事務次長
2012-2017年
東京女子医科大学倫理委員会委員
2013年4月
医療法人社団新愛会理事(至現在)
法政大学法科大学院兼任教授(法曹倫理担当)(至現在)
2013年8月
NTT東日本関東病院治験審査委員会委員(至現在)
2014年4月
大正大学非常勤講師(社会の探究H「日常生活と法」担当)(至現在)
2015年4月
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛育研究所研究倫理・利益相反委員会委員(至現在)
2015-2016年
第二東京弁護士会研修センター委員長
2016年2月
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛育病院倫理委員会委員(至現在)
2016年4月
東邦大学薬学部生命倫理委員会委員(至現在)
日本弁護士連合会司法調査室副室長(至現在)
2016-2017年
第二東京弁護士会倫理委員会委員長
2016年6月
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛育クリニック倫理委員会委員(至現在)
千代田化工建設株式会社補欠監査等委員(至現在)
2017年1月
第二東京弁護士会互助会運営委員会委員長(至現在)

取扱い分野

(1) 主な取扱い分野
  • 企業法務(関係法令、契約、コーポレート・ガバナンス、コンプライアンス体制等)に関する法的助言、意見書作成、契約書作成・検討、株主総会指導、第三者委員会委員等、訴訟・調停・ADR等における紛争解決、会社法、独禁法、労働問題、IT関係、不動産関係、金融取引、事業再生・倒産、一般民事・家事


(2) 取り扱った主な案件
  • 大規模食中毒事故を起こした大手食品会社に対する対応の助言(民事・刑事・マスコミ対応等)、コンプライアンス体制の確立、株主総会準備・指導、資本政策・財務問題への対応(営業譲渡、会社分割、子会社譲渡・清算等)
  • リコール隠しを理由とする自動車会社の取締役に対する株主代表訴訟,取締役責任追及訴訟(取締役代理人)
  • 大手建設会社のJV・建設工事(工事瑕疵等)関連訴訟・調停(建設会社代理人)
  • 戦後補償(中国人強制連行)裁判(被告会社代理人)
  • コピー商品に対する不正競争防止法に基づく差止・損害賠償請求訴訟(原告代理人)
  • 金融商品の販売にかかる責任を巡る訴訟(金融機関代理人)
  • インターネット上の名誉毀損(原告側・被告側)
  • 労働問題に対する助言、訴訟(使用者側・労働者側)
  • 準大手建設会社の会社更生申立
  • 非公開会社の大株主間の会社支配を巡る争い
  • 国際裁判管轄を争った訴訟(海外企業代理人)(東京地裁平成15年9月26日判決・判例タイムズ1156号268頁)
  • 食中毒事故の責任者に対する業務上過失致死被告事件弁護人(致死につき無罪)

著書・論文等

  • 『ホームヘルパー2級テキスト』(介護労働安定センター、2003年(2007年改訂)、成年後見制度執筆担当)
  • 『ADR解決事例精選77』(第一法規、2007年、第二東京弁護士会仲裁センター運営委員会編著、編集・執筆担当)
  • 『弁護士倫理の理論と実務 事例で考える弁護士職務基本規程』(日本加除出版、2009年(2013年改訂)、東京三会有志・弁護士倫理実務研究会編著、執筆担当)
  • 『発信者情報開示・削除請求の実務~インターネット上の権利侵害への対応~』(商事法務、2016年、監修)

石井法律事務所TOPへ戻る

弁護士等紹介ページの先頭へ戻る